ダイエットサプリの注意点

種類が多いことの効果

ダイエットサプリの注意点はやはり効果でしょうか。
現在ではインターネットで日本だけでなく世界各国のダイエットサプリを入手することができます。
ダイエットサプリは医薬品ではないため詳細なデータを知ることが難しく売り手が決めた判断データとなってしまいます。
過剰な宣伝は逆に怪しい可能性もあるので自己責任のもとしっかりとした判断が必要です。
別ページにてダイエットサプリの役割を書きました。
成分は良くても効果が無い可能性について書きましたが、疑わしいサプリの場合、成分が悪く効果がない可能性もありますので総合的に判断をしていきましょう。

マジンドールの注意点

お薬の注意点①

有効成分マジンドールは名前に負けない副作用があります。
やはり諸刃の剣みたいです。その代表的ものが依存性です。
マジンドールは覚せい剤と似た成分のため依存性があるため3ヶ月以上の使用ができないとのこと。
ダイエット効果は1ヶ月あたり薬4kgと高く効果は高いが連続しようできないお薬です。
ダイエット薬として認可されていますが、医師に処方してもらう場合は必ず相談し服用するようにしましょう。
短期間で痩せるということはリバウンドが心配です。
服用中は食欲が抑制されるのでよいですが、服用できなくなってからもしっかりと食事の管理をしていないと魔人ブウになってしまうかもしれませんよ。

オルリスタットの注意点

お薬の注意点②

有効成分オルリスタットはお腹を下します。
脂肪が吸収されないために脂肪が肛門から漏れ出したり、おならをしたら身が出たなどもあるようです。
営業や外回りの人には使用しづらい面ですね。
他、ビタミン類を不足してしまうこともありますので、お肌がカサカサになりやすいです。
ビタミン不足を補うために野菜を多く摂取したり、食間の飲料を野菜ジュースにするなど対策しましょう。
これは野菜をとるという意識を持つことは薬を服用しなくなった後のメリットにもなりますので意識付けにいいですね。

このページの先頭へ