ゼニカルを病院で処方してみると

保険適用外のため自由診療での購入となります

病院でゼニカルを処方してもらう場合、自由診療となりますのですべて実費となります。
主に美容外科、美容皮膚科などで処方してもらうことになります。
病院での購入の場合、診察料もかかりますので、ゼニカル処方箋料、診察料などがかかります。
診察料抜きで処方箋料だけのところもありますが、扱っている病院自体が気軽に行けるほどないのが現状です。
相場として1箱42錠で約1万円に診察料+病院への交通費といった具合になります。

ゼニカルを個人輸入で購入した場合

他の薬の取り扱い実績も踏まえ購入しよう

インターネットが普及した現在、自宅から手軽に購入することができます。
医師の診断がないためしっかりと管理できる人は安く購入できる個人輸入で購入する方が多いようです。
個人輸入での平均相場は約8,000円ほど。
個人輸入のため、最初は不安が強いと思います。
他の薬の種類が豊富にあるなどする取扱実績の多いサイトなど自分に適しているサイトを見つけましょう。

ゼニカルのジェネリック医薬品

ゼニカルにはジェネリック医薬品もあります。

ゼニカルにはジェネリック医薬品もあります。
ジェネリック医薬品とは新薬(今回ではゼニカル)の特許が切れた後に同じ有効成分で販売される医薬品です。
そのため新薬を先発医薬品、ジェネリック医薬品を後発医薬品とも呼びます。
また、インドでは他の国と特許の扱いが違うため、他の国では特許期間のお薬もインド国内であれば製造・販売ができるため、EDやAGAなど多数のジェネリック医薬品が存在します。
後発医薬品のため開発にかかるコストが抑えられるためお薬の価格自体も安く販売できるようになります。
今回、ゼニカルのジェネリック医薬品の相場はおよそ4,000円とゼニカルの3分の2ほどの金額で購入できます。

このページの先頭へ