サノレックスの効果

サノレックスは日本で認可されている食欲抑制剤です。
有効成分はマジンドールと呼ばれるもので食欲抑制剤となります。
マジンドールという名前だけでもかなり強そうな名前ですがどのような効果があるのか。
脳内には「満腹中枢」と呼ばれる食事の満腹感を感じる部分があります。
食事を取ることでこの満腹中枢が刺激されると食欲が抑えられるようになります。
有効成分マジンドールはこの満腹中枢を刺激することで食事を取っていなくても満腹感を感じることで食欲を抑えることができます。
食事量が減るため、摂取カロリーも抑えられることで結果ダイエットに繋がります。
70%以上のダイエット効果があり、1ヶ月で焼く4kgの減量ができるといわれております。

保険適用されるサノレックス

BMI=体重(kg)÷(身長(m))2

サノレックスは日本で認可されているお薬であるため医療機関で処方してもらう場合、保険適用されることがあります。
それはBMI値が35以上の高度肥満と呼ばれる方です。
BMI値が35以上とはどのくらいの体重か計算してみると、身長が170cmとすると、体重は101kg以上、身長が160cmだとすると90kg以上となります。
BMI値が35以上の方が保険適用になるということは、病気と認められたからであり、医者もこのままではその他病気を併発する可能性があるということで食事療法や運動療法を開始するための動機付けとして処方することもあります。
つまり、医療現場ではこのサノレックスを使用する方はどうすることもできない肥満の方ということになります。

サノレックスの注意点

副作用が強いサノレックス

サノレックスは1日1回1錠(0.5mg)を昼食前に服用します。
毎食前(1日3錠)を医者から処方される場合もあります。
投与期間は最長3ヶ月が限度で1ヶ月以内に効果があらわれない場合は投与を中止します。
理由は依存性があるためです。有効成分のマジンドールは覚せい剤と構造が似ているため脳を覚醒する作用があります。
短期使用の場合は覚醒作用が起きる用量の前に食欲抑制作用を引き出すことができます。
その他副作用としては口渇感、便秘になる方は80%と高く、頭痛、めまい、うつ状態、睡眠障害、男性では精力減退などが若干あるとのことです。

このページの先頭へ