ゼニカルの効果

ゼニカルは世界17カ国で利用されている脂肪吸収抑制剤です。
サノレックスとは違い日本では認可されていません。
しかし、欧米諸国をはじめ世界各国で愛用者が増えている大人気のダイエット薬です。
ゼニカルの有効成分はオルリスタットと呼ばれ精神的に働きかけるお薬ではなく、食事に含まれる脂質の吸収を大幅に阻害する効果があります。
食事に含まれる脂肪はすい臓で作られる消化酵素であるリパーゼの働きにより分解され小腸から吸収されます。
有効成分のオルスタリットはこのリパーゼの働きを抑制することで脂肪を分解させないことで体内に吸収される量を減らし、そのまま体外へ排出させるように促す効果があります。
肥満の原因は摂取カロリーオーバーですから高カロリーである脂肪の吸収を抑えることは摂取カロリーを減らすことになります。
今までと同じ食事量で摂取カロリーが減りダイエットに繋がるためストレスを感じることが少ない挫折しにくいダイエット法で注目されております。

摂取カロリーカットのゼニカル

カット率30%

ゼニカルは食事に含まれる脂質の分解をする消化酵素の働きを抑制する効果があるため、脂肪が体内に吸収されずに直接便として排出させることができます。
からだに吸収される脂肪の30%をカットさせる効果があるので、イメージ的にはカツカレーを食べてもカレーライスと同じ位の脂質になるといった感じです。
食事制限ダイエットの基本は脂質のカットです。
その後炭水化物を抑えることが理想なので、ゼニカルを服用することで食事制限をしなくてもスタート地点に立てたということになります。
何もしないでスタート地点に立てることが長期的にマイペースなダイエットに繋がることになりますね。

ゼニカルの服用方法と注意点

ゼニカルは朝・昼・晩の食事中もしくは食後に服用するお薬です。
食事の消化に作用しますので、空腹時に服用しても意味がありません。
前回服用を忘れたからといって1回で2錠以上服用せず、1回の食事に1錠を服用してください。
ゼニカルは精神的に作用するものではないため依存性などはありません。
副作用で一番なのが軟便です。イメージとしては油が直接便として排出される感じです。
下痢のときのオナラは漏れないように集中力が必要ですよね。
まさしくその状態なことが起こりますので、間違って勢いよくオナラをしないように注意しましょう。
服用できない人では・胆のうに障害がある人、慢性消化不良の方、妊娠中や授乳中の方、ペースメーカー使用者、ホルモン治療中の方などが該当します。

このページの先頭へ